東京で日本語講師になろう!

東京で日本語講師になって働きたい!語学学校で言語を教える場合には、特別な国家資格などは必要ありません。

日本語講師の東京はこちらのサイトで情報公開中です。

しかし、多くの日本語学校では、募集の際に日本語教育能力検定試験に合格している事や、日本語教師養成講座を修了している事を条件としています。
日本語講師としての経験がない方にとっては、語学学校への就職は難関とも言えます。東京で就職活動をする前に、検定試験や養成講座を受けておくと、日本語学校の就職への近道になります。
これらの講座では、日本語を正しく教授するための基礎知識から実際の教授法まで、充実した内容でカリキュラムが組まれています。



就職してからの実践力となり、知識と実力が養えるので、大変有効な講座として人気です。日本語教育能力検定試験は毎年一回、10月に行われています。

コースでは試験に向けて確実に合格する様、厳しい内容のカリキュラムとなっています。
養成講座は文化庁が指針する420時間のコースを受けなければなりません。こちらも充実した内容なので、コース修了時には確実に実力がついています。日本語講師になるための講座や検定に合格した後は、東京や全国の日本語学校で就職出来、海外での就職も可能です。

日本語講師養成学校は東京を始め全国にあり、通学と通信教育で勉強する事が出来ます。



コースを始めるのに経験や年齢は全く不問です。お仕事帰りや家事や介護の合間にも勉強できます。

相談や資料請求は無料なので、気軽に問い合わせてみましょう。